肥満の悪影響は?

肥満の人の場合正常な状態に比べて体内の脂肪が多く、それに伴い血圧の異常や糖尿病などの健康障害を引き起こすことも少なくありません。肥満だからと言って必ずしも病気にかかるわけではありませんが正常な男性に比べて様々な病気のリスクが高くなっています。肥満が原因となる健康被害には下記のものがあります。

心臓病での死亡リスクの増加

肥満になると体の体積が増えた分、体に必要な栄養や酸素も増え、全身へ供給する役割をもつ心臓に負担が大きくかかります。また過度な飲食や、運動不足などで肥満となった場合、高血圧、糖尿病などを引き起こしている場合があるため、これらの生活習慣病によってさらに動脈硬化が進行しやすくなり、狭心症や、心筋梗塞などの虚血性心疾患を起こしやすくなります。そのため肥満の人は普通の体型の人の1.5倍の割合で心臓病で死亡するリスクが高くなります。

膝や腰の炎症

肥満によって体重が重くなると膝や腰への負担が大きくなります。椎間板ヘルニアや、変形性膝関節症などを引き起こします。

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群とは睡眠中に呼吸が10秒以上止まることを繰り返す病気です。肥満によって首周りへの脂肪が増えることで気管が狭まることが原因として挙げられます。寝ているうちに無呼吸であると熟睡することができていない状態で、むしろ睡眠中の酸素不足が体に大きな負担を与えています。日中の活動に影響を及ぼしとくに居眠り運転のリスクが上がるため注意が必要です。

生活習慣病

糖尿病や高脂血症、脳梗塞、狭心症など食生活や運動不足、喫煙、睡眠不足など生活が乱れることで起こる疾患にかかりやすくなるとされています。特に肥満のなかでも、内臓に脂肪がつく内臓脂肪肥満型の人が発症しやすいとされています。

婦人科系疾患

肥満によって乳がんと子宮がんのリスクが高まるとされています。エストロゲンという女性ホルモンは卵巣だけではなく脂肪細胞からも分泌されています。そのため肥満である場合はホルモンバランスが崩れやすくなります。また閉経後にもエストロゲンの分泌が盛んとなるため乳がんや子宮がんのリスクを高めます。

肥満はその他にも様々な健康被害を引き起こすとされているので早めにダイエットに取り組み、健康被害を防ぎましょう。

食事ダイエット

ダイエットするには食事を見直すことが必要です。でも、ダイエットの食事法ってなんでしょう?今回は効果のあるダイエットの食事のポイントを詳しい紹介します。是非参考にしてください!

・よく噛む
1口30回以上、噛んでじっくり時間を掛けて食べましょう。食べ過ぎを防ぎ、満足感がUP、消化にも良く、良い事尽くしです。慣れないと初めは面倒に感じるかもしれませんが、一旦慣れてしまえばなんでもないですよ。更に、良く噛むことで顔の筋肉が鍛えられ、小顔効果も期待できます。

・間食はしない
やはりダイエット中ですので、間食は避けましょう。どうしてもお腹が空いてしまったときには、糖質の少ないものを選びましょう。糖質を摂取すると血糖値が上がります。そうすると血糖値を下げるためにインシュリンが分泌されますが、そのインシュリンはその糖を脂肪細胞にため込む働きを持っています。インシュリンをできるだけ分泌しないようにするため、糖質はできるだけ避けたほうがいいでしょう。

・水分をたくさん摂る
人間に必要な水分は1日に2~2.5リットルと言われていますが、これは逆を返すと1日にそれだけの水分(汗・尿・便など)を放出していることでもあります。飲料で換算すると1日に1.5リットル程の水分が必要なのですが、ダイエットをお考えの方なら2リットルは意識して飲むようにしましょう。

・食事回数を増やして小分けして食べる
食事回数を増やすと言うのは、1日の摂取カロリーを小分けして食べると言うことです。3回の食事で1500kcalを摂るよりも、4回に小分けして1500kcalを摂る方が効果的と言うこととなります。

・空腹時は野菜から食べる
空腹時は血糖値が低く、食事の時は注意が必要です。血糖値が低いときに食事をすると、血糖値の上がり幅が大きくなってしまい、身体は脂肪を作りやすくなってしまいます。なので食事をするときに空腹の自覚がある場合、なるべく野菜から食べるようにしましょう。それは野菜が持つ繊維質が消化のスピードをゆっくりにしてくれるからです。

・たんぱく質・脂質・糖質をきちんと摂る
理想は、糖質が60%脂質が25%たんぱく質が15%と言われていますが、運動をこまめに行っている方はたんぱく質の量を少し増やすなどの調整を行ってもよいでしょう。

睡眠とダイエットの関係

人生の三分の一は睡眠時間ですから、質の良い眠りが大切なのは言うまでもありませんが、睡眠不足だとダイエットしても痩せにくい体質になるのをご存知ですか?アメリカのコロンビア大学では、2万人を対象に睡眠時間と肥満率を調べました。すると、4時間以下の睡眠しか取らない人は、7時間以上の十分な睡眠を取っている人に比べ、73%も肥満になりやすいという報告がなされました。では、なぜ睡眠時間が短いと太りやすくなるのでしょうか 。

充分な睡眠を取ると、脂肪を分解する成長ホルモンが分泌され寝ている間にもカロリーが消費されると言われてます。一晩あたり約300~500キロカロリー消費できるとされています。逆に、睡眠が不足すると、約30~40%消費カロリーが減ってしまうとされています。成長ホルモンは寝ている間に、肌や筋肉の修復・成長、脂肪の代謝を行います。しかし、睡眠が浅いと成長ホルモンの分泌も弱まります。成長ホルモンの分泌が弱まるということは、代謝もうまく行われないのです。「成長ホルモン」は主に睡眠中に分泌されるホルモンで、お肌や細胞の疲れを修復しようと働くだけでなく、実は脂肪燃焼の作用があると言われています、無理なく理想体重に近づけ、お肌の調子も整えます。

質のよい睡眠ととることで、成長ホルモンの分泌が促されると、皮膚の修正・再生が活発になって美肌に繋がります。また、血流がよくなってむくみが解消される、ストレスを解消する、免疫力をアップさせるなど、心身の健康には欠かせない効果があります。睡眠ダイエットは、質のよい睡眠を毎日7.5時間続けるだけのダイエット方法です。朝起きたらしっかりと太陽の光を浴びて、メラトニンの分泌させる準備をして夜の寝付きが良くして、睡眠ダイエットの効果を上げましょう。食事と運動を取り入れつつ、質の良い睡眠を取ることで規則正しい生活になり、代謝がより上がることでダイエット効果が期待できるようになります。