ゼニカルの副作用について

この記事では、ゼニカルの副作用について詳しく解説いたします。
また、使用するときに気を付けることもお伝えします。
薬の効果や副作用をきちんと知ったうえで、ダイエットとゼニカルを上手に組み合わせて使うと、効果が発揮されるでしょう。
気を付けることは1つだけ!
ダイエットのサプリや器具など、ゼニカル以外でもダイエット商品を購入すると
「買っただけで満足してしまう。もう痩せた気になってしまっている。」
と言う人が多いです。
ゼニカルは飲むだけなので続ける事が楽なので挫折はないと思いますが
今まで以上に食べてしまったりします。
「これ飲んでるんだから少しくらい大丈夫か!」なんて事多いです。
それじゃ意味ないです。効果は期待できいません。
ゼニカルは30%の油をカット!なのですからそれ以上食べれば意味ないです。
そんな意識じゃ何をやってもなにを買っても痩せるはずないです。
ゼニカルの作用は、「食べた食事に含まれる脂肪の30%を体外に排出する作用」となります。
例えばステーキを200gには、およそ40gの脂肪分が含まれています。そのうち30%の13g分、カロリーにして120kcalが便として排出されるのです。
120kcalと聞くと大したことないようにおもえますが、それが1カ月続くと3600kcal、1年で40000kcalになります。7000kcal減で体重は1kg減ると言われているので、この場合は6kgダイエットできることになります。
脂っぽい食事が好きな場合は、ゼニカルは大きなダイエット効果を発揮するわけです。